1. トップ
  2. スタッフのおすすめ

スタッフのおすすめ

  • 南紀熊野ROUTE42  イメージ画像

    南紀熊野ROUTE42

    国道42号線をめぐる旅

    著者:
    ヘメンディンガー綾/著 丸山 由起/写真

    和歌山県熊野エリアの海岸に沿って通る国道42号線(ROUTE42)沿いの、隠れた名風景を切り取ったフォトガイドブックです。地元住民にもあまり知られていない風景が、移住者である著者と写真家の独自の視点で切り取られています。本書を開けば、和歌山のことがもっと好きになり、訪れたくなるはずです。

  • ふたりはしんゆう  イメージ画像

    ふたりはしんゆう

    がまくんとかえるくんぜんぶのおはなし

    著者:
    アーノルド・ローベル/作 三木 卓/訳

    すべてのお話に、がまくんとかえるくんのユーモラスでかわいらしい風景があり、二人の間に確かな友情を感じることができます。大事な友達に「大好き」や「ありがとう」を伝えたくなる一冊です。

  • どうしてパパとけっこんしたの?  日本傑作絵本シリーズイメージ画像

    どうしてパパとけっこんしたの? 日本傑作絵本シリーズ

    どうぶつたちそれぞれのこたえ

    著者:
    桃戸 栗子/作

    どうぶつたちはどうやってすきなあいてを見つけるのかな?どうぶつのこどもたちがママにしつもんします。 「どうしてパパとけっこんしたの?」
    ペンギンのママのりゆうは「パパがすてきな小石をくれたから」。小石をえらぶのがじょうずだと、どんないいことがあるのでしょうか。どうぶつのひみつがわかる、ステキな絵本です。

  • 東京タイムスリップ1984↔2021  イメージ画像

    東京タイムスリップ1984↔2021

    著者:
    善本 喜一郎/写真

    コロナ禍で増えた在宅時間に著者が写真を整理していると、撮影したことも忘れていた1984年の東京のネガフィルムが出てきました。その写真と、同位置・同角度から撮影した2021年の写真を見比べることができます。劇的に変わっていく都心部でも、稀に当時の面影を色濃く残している場所もあったりと、その変遷を楽しむことができます。写真の楽しさとノスタルジーを感じられる写真集です。

  • 遠野物語  NHK「100分de名著」ブックスイメージ画像

    遠野物語 NHK「100分de名著」ブックス

    柳田国男 「記憶」に戦慄せよ

    著者:
    石井 正己/著

    NHKの100分de名著シリーズの遠野物語です。素朴で情緒にあふれたおとぎ話のイメージを持ちながら読んでみましたが、穏やかなだけではない人間の負の部分も垣間見ることができます。遠野物語を抜粋・現代語訳した上、著者の解説が入るためとても理解しやすい内容になっていると思います。
    令和の今こそ、是非読んでみてください。

  • マイクロスパイ・アンサンブル  イメージ画像

    マイクロスパイ・アンサンブル

    著者:
    伊坂 幸太郎/著

    スパイとただの社会人、2人の全くバラバラだった物語が交わりあい、互いが知らないところで助け合いながら展開していきます。淡々とした日常の中でも、一期一会の出会いで少しだけ素敵な気分になれる、素朴な幸せが詰まった1冊です。フェスのために書き下ろされたそうで、音楽と一緒に楽しんでみてください。

  • 星空教室  イメージ画像

    星空教室

    夏の星座 夏に見える星や星座をやさしく解説

    著者:
    藤井 旭/著

    流れ星が消えるまでに願いごとを三度となえると、その願いがかなうという言い伝えがありますが、夏は一年中で一番たくさんの流れ星をみることができます。夏の夜空で実際に見ることができる代表的な星座の見つけ方や星の基本をくわしく解説してくれているので、星座をさがすコツがわかります。ぜひ夏の夜空を観察し、いろいろな星座をみつけてみませんか?

  • 教えたくなるほどよくわかる心理学の基礎講座  ニュートン新書イメージ画像

    教えたくなるほどよくわかる心理学の基礎講座 ニュートン新書

    著者:
    ジョエル・レビー/著 川口 潤/監訳 山本 富夫/訳

    「心理学」といえば、どういったものを思い浮かべますか?カウンセラーや臨床心理学、最近でいえばアドラーといったイメージが強いかもしれません。実際のところ、心理学という学問に含まれる内容は多岐にわたります。この本では脳や記憶の話に始まり、性格や病気についてなど8つの項目に分けて解説されています。科学としての心理学の入門書として、おすすめの1冊です。

  • やまからきたぺんぎん  おはなしえほんシリーズ 12イメージ画像

    やまにすんでいるぺんぎんは、かきごおりをたべたことがありません。そこでにんげんのふりをしてやまをおり、かきごおりやさんへ…。昔から親しまれる佐々木マキさんの絵本です。絵や世界観がほのぼのしていて、大人も癒されます。何といっても、読み終わった後、かきごおりが食べたくなる1冊です。

  • おとぎ話  ちいさな手のひら事典イメージ画像

    おとぎ話 ちいさな手のひら事典

    著者:
    ジャン・ティフォン/著 ダコスタ吉村花子/訳

    「ちいさな手のひら事典」シリーズの一冊です。世界中から集めたおとぎ話の登場人物を妖精、姫、王子などに分類し、そのストーリーとともに紹介しています。表紙や各ページにレトロな絵が描かれており、登場人物を知るとともに子どものころに読んだおとぎ話にもう一度触れてみたくなります。