1. トップ
  2. スタッフのおすすめ

スタッフのおすすめ

  • 認知症世界の歩き方  イメージ画像

    認知症世界の歩き方

    認知症のある人の頭の中をのぞいてみたら?

    著者:
    筧 裕介/著 認知症未来共創ハブ/ほか監修

    こちらの本は認知症になった「本人」が自分の症状をどのように感じているのか、周りの方になかなか理解されない心情を知ることができる一冊です。旅という形式で構成され、認知症についてわかりやすく学ぶことができます。ご本人の気持ちを理解することで、ご本人と周りの方とのすれ違いを軽減できたり、認知症に対する考え方を変えてくれるかもしれません。

  • わにわにのおふろ  福音館の幼児絵本イメージ画像

    わにわにのおふろ 福音館の幼児絵本

    著者:
    小風 さち/ぶん 山口 マオ/え

    わにのわにわには、おふろが大好き。お気に入りのおもちゃをうかべて、シャワーはマイクに変身!
    ちょっぴりこわい顔をしているわにわにですが、じぶんだけのとびっきりの空間を楽しむ姿がなんとも愛らしいです。
    さむ~い季節がやってきました。わにわにのようにみんなもお風呂であたたまりましょう!

  • おおきいツリーちいさいツリー  イメージ画像

    おおきいツリーちいさいツリー

    著者:
    ロバート・バリー/さく 光吉 夏弥/やく

    もうすぐクリスマスです。ウィロビーさんのおやしきに、みたこともないおおきなツリーがとどきました。このツリーが少しずつ切り取られ、たくさんの人や動物を幸せにします。子どもから大人まで楽しめる絵本です。

  • ちんあなごのちんちんでんしゃ  講談社の創作絵本イメージ画像

    ちんあなごのちんちんでんしゃ 講談社の創作絵本

    著者:
    大塚 健太/作 くさか みなこ/絵

    海の中を走るチンアナゴのちんちん電車のお話で、魚が好きな人におすすめの一冊です。目的地に到着するまでに海のいろんなところを通っていくので、チンアナゴだけでなく様々な海の生き物が描かれており、見ているだけでも楽しくなる絵本です。

  • いま、この惑星で起きていること  岩波ジュニア新書 954イメージ画像

    いま、この惑星で起きていること 岩波ジュニア新書 954

    気象予報士の眼に映る世界

    著者:
    森 さやか/著

    近年、ゲリラ豪雨や台風の脅威など、身近に温暖化の脅威を感じることが増えてきたように思います。この本では、主に温暖化によって生じる事柄を世界規模でわかりやすく解説しています。たとえば、台風は赤道付近の温かい空気を、最も寒い極付近に送り、地球を一定の温度に保とうとしているのだとか。温暖化を止める具体的な対策を考えることは簡単ではありませんが、この本で今起こっていることを知ることも温暖化を止める第一歩かもしれません。

  • 店長がバカすぎて  イメージ画像

    店長がバカすぎて

    著者:
    早見 和真/[著]

    決して大きくない書店の契約社員である主人公の谷原京子は、今日も店長に苛立っています。軽薄で無責任で空気が最大限に読めない店長・山本。時にドキッとするほど恐ろしく頭がキレることもあり、果たして天然なのか計算なのかわからないところにまたモヤモヤしてしまいます。すべての伏線が最後に全部回収されてスカッとする1冊です。書店あるあるもあって書店員経験者にもおすすめです。

  • だいどころのたね  しぜんにタッチ!イメージ画像

    普段食べ物として目にする、たくさんの食材。いろんな食材を「たね」の視点で見つめてみよう!いつも食べているものをじっくり観察するきっかけになる本です。写真が大きくて見やすく、台所で実際に発芽させる方法も載っています。おうちの人と一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

  • レモンパイはメレンゲの彼方へ  イメージ画像

    レモンパイはメレンゲの彼方へ

    著者:
    もとした いづみ/著

    思い出の食べ物はありますか?それが今はもう食べられないものだと、心の中でキラキラと輝きを増します。 こちらは絵本作家である著者の心を癒す、おやつエピソードの短編集です。一編ごとにおやつに関わる絵本や童話が登場するのが絵本作家ならではです。残念ながら一冊だけ図書館にない本がありましたが、そのほかの本は全て図書館で読めます!ロングセラーから最近の人気作まで、読書の幅を広げてみてください。

  • 重力ピエロ  イメージ画像

    重力ピエロ

    著者:
    伊坂 幸太郎/著

    連続放火事件の現場に必ず描かれるグラフィティアート。大学院生の主人公がグラフィティアートを消す仕事を生業にしている弟と共に、放火事件に巻き込まれていきます。繰り返される放火とアートの意味は何なのか?ダークでさわやかでミステリーなファミリー小説です。

  • 刺繡とがま口  イメージ画像

    刺繡とがま口

    著者:
    樋口 愉美子/著

    パチンと音をたてて開閉するがま口のバックや財布、ポーチなど形もサイズもさまざまな作品を紹介しています。がま口につけるタッセルの作り方・ポンポンのアレンジも紹介。色使いも優しく温かみのある作品は、目でみているだけで楽しい気分になれます。簡単なステッチで同じモチーフを繰り返す図案もあるので、初心者の方にもおすすめです。